白髪染めをしてみよう!

いつもは美容院で白髪染めをしているのだけど、最近市販の白髪染めの種類が多くなって、しかも何だか使いやすそうだし、良さげな者がたくさん販売されています。

ちょっと自分で染めてみようかなと思っている人もいるのではないでしょうか?

市販の白髪染めだって、きちんとコツを掴めば、白髪をきれいに染められます。

気になる白髪染めを買ってみて、ぜひチャレンジしてみましょう。

白髪染めには、液状、泡状、クリーム状のものがあります。

どれが塗布しやすいかといえば、最近では染めムラのことなども考えて泡状の白髪染めが良いと評判の様です。

泡状であれば、髪にぴったり吸着して、液だれの心配もないし、着いていないところの確認もしやすいですよね。

目の行き届かない後ろ側の髪も泡状の白髪染めならスタイリング剤の様に付けやすいでしょう。

ただし、泡状の白髪染めの場合、空気を含んでいるので、他の白髪染めよりも実際についている染料が少ないということがあるので注意が必要です。

次にお勧めなのが、クリーム状の白髪染めです。

クリーム状の白髪染めは、付けたいところにぴたっと付けられるので、部分染めと全体染めの両方の場合に使えます。

塗りにくい生え際に塗布しやすいこと、テクスチャーが固めなので、顔や首などに液だれの心配がありません。

昔からあるのが液状の白髪染めです。

液状は髪に塗布した後、伸ばしやすいので髪が長い人や量が多い人、白髪が多めの方にお勧めです。

塗布するのに時間がかからないし、ムラができにくいと言うメリットがあります。

ただし、テクスチャーが柔らかいために、垂れやすいので、肌に付きやすい、染めているところに垂れて汚してしまいがちと言うデメリットがあります。

白髪染め知得ネット